「八甲田山 消された真実」伊藤薫著

公開日:  更新日:

 八甲田雪中行軍遭難事件は1902年1月発生した。陸軍歩兵第8師団第5連隊の210人が八甲田山で遭難、199人が死亡するという世界登山史上でもまれに見る最悪の事故だった。

 ところが当時の陸軍(大本営)はこの事故そのものを隠蔽し、現場責任者に対する処分も極めて軽微なものとした。

 しかし1964年、陸自第5普通科連隊の将校が事件の慰霊の意も込めて生き残った小原伍長に聞き取り調査を実施。その結果、明らかになったのは事故を引き起こした連隊の冬山での行軍に対する認識不足、訓練不足、経験不足、さらに現場の指揮官の功名心とその上司の面目という極めて人間的な側面が事故を招来せしめたことだ。

 元自衛官という経歴を持つ著者は、これらの資料を長年集め、世に警鐘を鳴らすべく上梓した。(山と溪谷社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る