「八甲田山 消された真実」伊藤薫著

公開日:  更新日:

 八甲田雪中行軍遭難事件は1902年1月発生した。陸軍歩兵第8師団第5連隊の210人が八甲田山で遭難、199人が死亡するという世界登山史上でもまれに見る最悪の事故だった。

 ところが当時の陸軍(大本営)はこの事故そのものを隠蔽し、現場責任者に対する処分も極めて軽微なものとした。

 しかし1964年、陸自第5普通科連隊の将校が事件の慰霊の意も込めて生き残った小原伍長に聞き取り調査を実施。その結果、明らかになったのは事故を引き起こした連隊の冬山での行軍に対する認識不足、訓練不足、経験不足、さらに現場の指揮官の功名心とその上司の面目という極めて人間的な側面が事故を招来せしめたことだ。

 元自衛官という経歴を持つ著者は、これらの資料を長年集め、世に警鐘を鳴らすべく上梓した。(山と溪谷社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る