「山怪 山人が語る不思議な話」田中康弘著

公開日:  更新日:

 日本各地の山や狩猟の現場を歩き回るフリーカメラマンの著者は、山で暮らすマタギから何かしら共通項のある不可思議な体験談を聞いてきた。民話にも昔話にもなりきれない数々のエピソードは、冬になれば雪に閉ざされる深い森に暮らす山人にとっていろり端で家族や子どもに繰り返し語られてきたものだったが、今や語る者さえ少なくなった。本書は、そんな消滅の危機にある民話の原石のような語りを集めたフィールドワークの集大成だ。

 突然現れて突然消える謎の夜店、姿はないのに聞こえる足音、誰もいない森から聞こえるチェーンソーの音、見つけたはずの池の消滅、馴染みのある森での迷子、猟銃で撃っても死なない不死身の白鹿、真夜中に消えた村人など奇妙なエピソードが次々に語られる。野営地のテントの中で寝ていたところ、鬼の手に肩をわしづかみにされたという著者自身の体験談も興味深い。どの話も、山と生身で対峙した人間の自然への畏怖が満ちている。(山と溪谷社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る