「山怪 山人が語る不思議な話」田中康弘著

公開日:  更新日:

 日本各地の山や狩猟の現場を歩き回るフリーカメラマンの著者は、山で暮らすマタギから何かしら共通項のある不可思議な体験談を聞いてきた。民話にも昔話にもなりきれない数々のエピソードは、冬になれば雪に閉ざされる深い森に暮らす山人にとっていろり端で家族や子どもに繰り返し語られてきたものだったが、今や語る者さえ少なくなった。本書は、そんな消滅の危機にある民話の原石のような語りを集めたフィールドワークの集大成だ。

 突然現れて突然消える謎の夜店、姿はないのに聞こえる足音、誰もいない森から聞こえるチェーンソーの音、見つけたはずの池の消滅、馴染みのある森での迷子、猟銃で撃っても死なない不死身の白鹿、真夜中に消えた村人など奇妙なエピソードが次々に語られる。野営地のテントの中で寝ていたところ、鬼の手に肩をわしづかみにされたという著者自身の体験談も興味深い。どの話も、山と生身で対峙した人間の自然への畏怖が満ちている。(山と溪谷社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る