• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミルコの出版グルグル講義」山口ミルコ著

 編集者だった著者は退職した後、大学生に編集を教えるという仕事を依頼された。そこで、すべてはグルグルだから、生まれてから死ぬまでの「本の一生」を教えようと考えた。とりあえず出版社倉庫を見学に行くと、これから出荷される本の山と、断裁される本の山があった。

 次に古紙再生工場に行くと、巨大な滑り台があって、大量の本が落下してきた。落下する過程で本はつぶれていき、次の機械にのみこまれる。砕かれていく本を見ながら、かつて自分の作った本もこんなふうに死んでいったにちがいないと思った。

 元編集者が会社の外側に出てから見えた出版の仕組みを説明する体験記。(河出書房新社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る