• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「葬送の仕事師たち」井上理津子著

 葬送の現場で死を見つめてきたプロフェッショナルたちの仕事ぶりを取材したルポルタージュ。

 この仕事に就いてから自分の死に恐怖を感じるようになり、宗教書を読み漁ったという高橋さんをはじめ、赤ちゃんを亡くして茫然自失の喪主に代わって挨拶に立ち、とっさに浮かんだ詩を朗読したという堀井さんや、かつて大病院に入り込んで金持ちの葬式ではむしれるだけむしり取ったと明かす中原さんら。そして、葬儀社の社員をはじめ、実はよく焼けるように焼却中に人力で遺体を動かしているという火葬場の職員から、薬液を使って遺体に防腐処理を施し、神業のように復元するエンバーマーや納棺師、そして葬儀のプロを目指す専門学校生まで。知られざる現場の舞台裏とそこで働く人々の生きざまに迫る。

(新潮社 550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る