• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「葬送の仕事師たち」井上理津子著

 葬送の現場で死を見つめてきたプロフェッショナルたちの仕事ぶりを取材したルポルタージュ。

 この仕事に就いてから自分の死に恐怖を感じるようになり、宗教書を読み漁ったという高橋さんをはじめ、赤ちゃんを亡くして茫然自失の喪主に代わって挨拶に立ち、とっさに浮かんだ詩を朗読したという堀井さんや、かつて大病院に入り込んで金持ちの葬式ではむしれるだけむしり取ったと明かす中原さんら。そして、葬儀社の社員をはじめ、実はよく焼けるように焼却中に人力で遺体を動かしているという火葬場の職員から、薬液を使って遺体に防腐処理を施し、神業のように復元するエンバーマーや納棺師、そして葬儀のプロを目指す専門学校生まで。知られざる現場の舞台裏とそこで働く人々の生きざまに迫る。

(新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る