• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「荒木町奇譚」有間カオル著

 サラリーマンの行原は、会社の先輩に新宿・荒木町の路地奥の店に呼び出される。行くと、退職した元部長ら、上司が待っていた。元部長によると荒木町はかつて花街だったという。2次会に向かう一行と別れた行原の前を、芸者姿の女性が歩いていた。薄明かりに照らされた女は見たこともないような美人だった。芸者に誘われるように、路地から路地へと迷い込んだ行原は、料亭の女将に招かれ、店の中へ。女将が人違いをしているのかと思ったが、座敷に通された行原は、待ち構えていた客たちに歓待される。つがれるまま杯を飲み干した行原は、バー狐火のカウンターで目を覚ます。

 花街に閉じ込められた行原が、出会った人々に導かれ過去と向き合う姿を幻想的に描く感動作。

(角川春樹事務所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る