「荒木町奇譚」有間カオル著

公開日:  更新日:

 サラリーマンの行原は、会社の先輩に新宿・荒木町の路地奥の店に呼び出される。行くと、退職した元部長ら、上司が待っていた。元部長によると荒木町はかつて花街だったという。2次会に向かう一行と別れた行原の前を、芸者姿の女性が歩いていた。薄明かりに照らされた女は見たこともないような美人だった。芸者に誘われるように、路地から路地へと迷い込んだ行原は、料亭の女将に招かれ、店の中へ。女将が人違いをしているのかと思ったが、座敷に通された行原は、待ち構えていた客たちに歓待される。つがれるまま杯を飲み干した行原は、バー狐火のカウンターで目を覚ます。

 花街に閉じ込められた行原が、出会った人々に導かれ過去と向き合う姿を幻想的に描く感動作。

(角川春樹事務所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る