「日本遺産に消えた女」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 十津川の部下・清水が同じマンションに住むめぐみを捜査1課に連れてきた。

 ある会社で社長秘書をしているめぐみは、社長の工藤を助けて欲しいと十津川に訴える。今朝、出社しためぐみは、工藤の机の上にあった3通の脅迫状を見つけたという。3通目の脅迫状では、きょうが工藤の命日になると殺人を予告していた。工藤とは朝から連絡が取れないという。話を聞いた十津川は、工藤が実家のある大分県中津に向かっているのではないかと推測し、足取りを追う。しかし、大分県警から特急「にちりん」車内で工藤の毒殺体が見つかったと照会が入る。(「特急『にちりん』の殺意」)

 他、紀伊勝浦など、日本遺産を舞台に繰り広げられる作品を編んだ十津川警部シリーズ傑作集。

(徳間書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る