「日本遺産に消えた女」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 十津川の部下・清水が同じマンションに住むめぐみを捜査1課に連れてきた。

 ある会社で社長秘書をしているめぐみは、社長の工藤を助けて欲しいと十津川に訴える。今朝、出社しためぐみは、工藤の机の上にあった3通の脅迫状を見つけたという。3通目の脅迫状では、きょうが工藤の命日になると殺人を予告していた。工藤とは朝から連絡が取れないという。話を聞いた十津川は、工藤が実家のある大分県中津に向かっているのではないかと推測し、足取りを追う。しかし、大分県警から特急「にちりん」車内で工藤の毒殺体が見つかったと照会が入る。(「特急『にちりん』の殺意」)

 他、紀伊勝浦など、日本遺産を舞台に繰り広げられる作品を編んだ十津川警部シリーズ傑作集。

(徳間書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る