「夫婦という病」岡田尊司著

公開日:  更新日:

 夫婦の3組に1組が離婚する現代。相手との絆が生涯続いて欲しいと願う人も、その絆を束縛と感じ、そこから脱したいと願う人も、どちらもが夫婦という関係に苦しんでいる。本書は、そうした人々のカウンセリングを行ってきた精神科医が、さまざまな夫婦を紹介しながら、その処方箋を説くケーススタディー集。

 子育ての悩みを夫と分かち合いたい妻と、仕事でストレスを抱え帰宅後に聞かされる妻の話が自分を責めているように感じて声を荒らげてしまう夫。理想の結婚相手だと思った夫が、実は自分が最優先でなければ不機嫌になり、その顔色をうかがう生活に疲れた妻など。

 21組の夫婦の仲がぎくしゃくした経緯とその原因を解き明かしながら、こじれた関係の修復法を考える。(河出書房新社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る