「夫婦という病」岡田尊司著

公開日: 更新日:

 夫婦の3組に1組が離婚する現代。相手との絆が生涯続いて欲しいと願う人も、その絆を束縛と感じ、そこから脱したいと願う人も、どちらもが夫婦という関係に苦しんでいる。本書は、そうした人々のカウンセリングを行ってきた精神科医が、さまざまな夫婦を紹介しながら、その処方箋を説くケーススタディー集。

 子育ての悩みを夫と分かち合いたい妻と、仕事でストレスを抱え帰宅後に聞かされる妻の話が自分を責めているように感じて声を荒らげてしまう夫。理想の結婚相手だと思った夫が、実は自分が最優先でなければ不機嫌になり、その顔色をうかがう生活に疲れた妻など。

 21組の夫婦の仲がぎくしゃくした経緯とその原因を解き明かしながら、こじれた関係の修復法を考える。(河出書房新社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  2. 2

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る