ギター小僧世代の逆襲

公開日:  更新日:

「エレクトリック・ギター革命史」ブラッド・トリンスキー、アラン・ディ・ペルナ著 石川千晶訳

 老舗ギターメーカー米ギブソン倒産のニュースにショックを受けた「いかすバンド天国」世代の中高年は多いはず。原因はなんと「若者のギター離れ」!?


 エレキギターの発明が音楽に革命をもたらしたことは間違いない。だが、どのように? その答えがわかるのが本書。正真正銘ギターマニアによるギターマニアのためのギターの歴史だ。

 ギブソンの名器で知られるレスポールは実はフェンダーの創業者と親友だったなどの雑学も面白いが、ジミヘンの音楽にとってストラトキャスターは「宇宙船」だったとか、ブーイングを浴びたボブ・ディランのエレキ移行の真相、ジョージ・ハリスンの12弦ギターは風邪で寝ている間にポールとジョンが手配してやった話など、「ギター・ワールド」誌の編集長だった著者だけにファンには興味が尽きない話題が次々に出てくる。ロックに主眼があるためベンチャーズなど「サーフィンサウンド」の一言で片付けられているし、寺内タケシも高中正義も出てこないが、そこは誰かが「ニッポンエレキ革命史」を書くべきだろう。翻訳もさすがの一言。

(リットーミュージック2500円+税)

「ヴィンテージ・ギター入門」月刊Player別冊

 書店の店頭からあっという間に姿を消した人気のムック。ギブソンはレスポールからフライングV、ファイヤーバードまで、フェンダーはテレキャスター、ストラトキャスター、ムスタング、ほかにリッケンバッカー、グレッチなどファン垂涎の名器が大判の誌面にきれいなカラー写真で続々登場する。

「イカ天」のファンだったという程度ではとても手の出ないビンテージ品ばかりだが、ピックアップやセレクターのノブの拡大写真まで入って、まさにマニアックなこだわりがあふれかえって、見ているだけでも楽しい。思わず楽器店に足を向けさせる良書。

(プレイヤー・コーポレーション 3200円+税)

「ジョニー・マー自伝」ジョニー・マー著 丸山京子訳

「ローリングストーン」誌が選ぶ史上最も偉大なギタリスト100人に選ばれた元「ザ・スミス」のギタリストといえばジョニー・マー。その自伝である。

 1963年生まれだから今年55歳。まさにイギリスの「イカ天」世代だ。マンチェスターのアイルランド系の労働者家庭に生まれ、カトリックの学校に通い、幼いころからギターとファッションに魅せられる。15歳で学校に行かなくなり、19歳でザ・スミスを結成。大人気を得るが23歳でバンドは解散。すぐにトーキング・ヘッズやポール・マッカートニーから声がかかったという。

 そんな生涯を淡々と振り返るてらいのなさがいい。愛用のギターはフェンダーのストラトキャスターとジャガー、ギブソン335の12弦。ギターとロックを愛する人なら誰もが楽しく読める。

(シンコーミュージック・エンタテイメント 2800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る