「ウドウロク」有働由美子著

公開日:  更新日:

 今春、NHKを退職して世間を驚かせた人気アナウンサーのエッセー集。

 タイトルは「クロウドウ」を逆から読んだもの。担当していた朝の情報番組で、思ったままに「毒を吐く」著者をスタッフがこう呼んだという。その番組で話題になった「わき汗」論争とその後の余話、独身のまま40歳を過ぎて感じる夕方のスーパーマーケットの居心地の悪さ、死ぬまで母を頼り甘えていた自分への後悔、憧れだったはずの海外勤務での円形脱毛症になるほどの悪夢の日々と心のよりどころとなった友人たち、アナウンサー人生の原点ともいうべき少女との出会いと彼女の言葉、そして人生で一番悩んだという退職の決断まで。

 番組以上の赤裸々さで中年独身女性の仕事に生きた日々と私生活、そして本音を語る。 (新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る