「ウドウロク」有働由美子著

公開日: 更新日:

 今春、NHKを退職して世間を驚かせた人気アナウンサーのエッセー集。

 タイトルは「クロウドウ」を逆から読んだもの。担当していた朝の情報番組で、思ったままに「毒を吐く」著者をスタッフがこう呼んだという。その番組で話題になった「わき汗」論争とその後の余話、独身のまま40歳を過ぎて感じる夕方のスーパーマーケットの居心地の悪さ、死ぬまで母を頼り甘えていた自分への後悔、憧れだったはずの海外勤務での円形脱毛症になるほどの悪夢の日々と心のよりどころとなった友人たち、アナウンサー人生の原点ともいうべき少女との出会いと彼女の言葉、そして人生で一番悩んだという退職の決断まで。

 番組以上の赤裸々さで中年独身女性の仕事に生きた日々と私生活、そして本音を語る。 (新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る