• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アイダ・ターベル」古賀純一郎著

 アイダ・ターベルは調査報道のパイオニアとして高い評価を受けている米国の女性ジャーナリスト。19世紀半ばに生まれ、オイルラッシュに沸く東部の油田地帯で育った。父は木工職人で、石油を詰める樽を製造していた。

 成長したターベルは、女性では珍しかったジャーナリストとなり、ジョン・ロックフェラー率いる独占企業、スタンダード石油の悪辣で無節操な経営手法を暴く記事を書いた。

 ターベルが活躍した時代は、米資本主義の揺籃期。続々と生まれたビッグビジネスが市場独占を目指し、札束の力で政治家や役人を操っていた。社会派の総合誌「マクルアーズ」に所属していたターベルは、トラストの王者、スタンダード石油に的を絞った調査報道を行い、2年間にわたって連載した。公的文書をはじめとする膨大な資料を読み込み、分析、解剖。関係者への取材を重ねた。連載が進むうちに内部告発者も現れた。有能な助手や気心の知れた同僚に恵まれ、ターベルは、闘うジャーナリストとして、革新的な記事を書いた。この連載は「スタンダード石油の歴史」の名で歴史に残っている。

 大企業規制を断行し、トラストバスターと呼ばれた第26代セオドア・ルーズベルト大統領は、ターベルの連載を愛読していたという。

 スタンダード石油は反トラスト法違反で約40の会社に分割され、ロックフェラー帝国は解体した。ターベルの調査報道が米資本主義を根底から変えたのである。

 ターベルはその後も政財界の大物を取材、生涯独身を貫き、ジャーナリストとして生き抜いた。先駆的なキャリアウーマンだった。

 ネット上にフェイクニュースがあふれている今、地道な調査報道の重要性は高まっている。ターベルの足跡は、ジャーナリズムには社会を変える力があることを、強く訴えかけてくる。

 (旬報社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る