「髙田賢三自伝夢の回想録」髙田賢三著

公開日:  更新日:

 パリで自分のブランド「KENZO」を立ち上げ、世界に名を馳せたファッションデザイナー、髙田賢三は、正真正銘のパイオニアだった。

 1939年、姫路市生まれ。18歳のとき、文化服装学院が「男子の洋裁学校生」を初めて募集していることを知って上京する。コシノジュンコら才能あふれる同期生と切磋琢磨し、本気で遊びまくった。時代が動き、何かが始まろうとしていた。

 卒業後、三愛に勤めたが、半年間の休暇を願い出て、1965年に渡仏。安ホテルで質素な生活をしながら、デザイン画を描いては雑誌社やブティックに売り込んだ。明るく斬新なデザインと、人の心をつかむ愛されキャラと、物おじしない行動力が、新しい地平を切り開いていく。

 パリのモード界は富裕層相手のオートクチュールから、量産できるプレタポルテへ、大きく流れを変えようとしていた。会社を辞め、パリにとどまったケンゾーは、追い風に乗った。自分の店を開き、自由奔放に作りたい服を作った。本物の白馬や象が登場するファッションショーは喝采を浴びた。イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルドといったデザイナーと友達になり、世界のセレブたちとクラブで踊り明かす。恋もした。モード界のミューズと呼ばれた美しいモデル、ルル。知性豊かな貴族グザビエ。ケンゾーの恋は男女を超越していた。

 めくるめく70年代が過ぎると、人生が陰りを帯びてくる。有能な共同経営者との決別、監督した映画の失敗、パリの本店の火事。90年には人生のパートナー、グザビエと死別。その3年後、すべての株を売却し、自分がつくったブランドを手放した。

 創造と経営の間で悩み苦しんだ歳月を経て、80歳に近づきつつあるケンゾーは、夢も冒険心も失っていない。近影の表情には、全力で生きてきた人のすがすがしさがある。

(日本経済新聞出版社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る