「遠く空は晴れても」北方謙三著

公開日:

 6年前、若月が故郷に戻ると海辺の村は高級リゾートに生まれ変わっていた。ツアー会社を営むことになった若月は、なぜかトラブルに引き寄せられるようにしか生きられず、顔見知りの小説家・群に「ソルティ」というあだ名をつけられる。ある日、大橋家の葬儀に参列した若月は、不穏な空気をまとった一人の男に目がとまる。翌日、川辺と名乗るその男は、若月の会社の船をチャーター。川辺は、若月の忠告を無視して、個人所有の姫島に着岸するよう命じる。案の定、島のオーナーのボディーガードに上陸を拒まれる。川辺が街に現れた理由を探る若月は、暴力団の芳林会内部で分裂騒動が起きていることを知る。

 名作ハードボイルドシリーズが25年ぶりに復刻。

(角川春樹事務所 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る