「不倫」中野信子著

公開日:

 最新の脳科学によって不倫の謎を解き明かしたサイエンス本。最近の世間は、不倫に対して厳しさを増し、発覚すれば、すべてを失う危機に直面する。それでも、不倫がなくならないのはなぜか。脳科学者の著者によると、実は人類の脳の仕組みは「一夫一婦制」には向いていないからだという。

 研究によって、人はAVPR1A遺伝子の塩基配列の一塩基多型によって「貞淑型」と「不倫型」に分かれることがわかってきているそうだ。その割合は、約5:5と推測され、2人に1人は一夫一婦制の結婚には向いていないということになる。不倫行動に影響を及ぼすさまざまな遺伝子について解説するとともに、過剰な不倫バッシングが起こる理由についても脳科学的見地から解き明かす。

(文藝春秋 830円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る