「不倫」中野信子著

公開日:

 最新の脳科学によって不倫の謎を解き明かしたサイエンス本。最近の世間は、不倫に対して厳しさを増し、発覚すれば、すべてを失う危機に直面する。それでも、不倫がなくならないのはなぜか。脳科学者の著者によると、実は人類の脳の仕組みは「一夫一婦制」には向いていないからだという。

 研究によって、人はAVPR1A遺伝子の塩基配列の一塩基多型によって「貞淑型」と「不倫型」に分かれることがわかってきているそうだ。その割合は、約5:5と推測され、2人に1人は一夫一婦制の結婚には向いていないということになる。不倫行動に影響を及ぼすさまざまな遺伝子について解説するとともに、過剰な不倫バッシングが起こる理由についても脳科学的見地から解き明かす。

(文藝春秋 830円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る