「パラレルワールド」小林泰三著

公開日:  更新日:

 坂崎良平はある日、職場で地震と洪水が重なった大災害に襲われる。自宅に戻った良平が見たのは、瓦礫と化した我が家と息絶えた妻・加奈子、そして一人残された5歳の息子・裕彦だった。

 ところが裕彦は「お母さんはここにいる」と言い、さらに「お母さん、お父さんはここにいるよ」と、良平には見えない加奈子に向かって話しかけている。互いには目に見えないが裕彦を通して会話をする3人の不思議な生活が始まる。

 一方、地震で被災したのを機に2つの世界を行き来できるようになった矢倉は、その能力を使って人殺しを請け負っていた。

 ある日、矢倉に遭遇した良平と裕彦は、違和感を覚える。

 2つの世界に生きる少年の姿をミステリーを絡めて描く物語。(角川春樹事務所 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る