「手がかりは一皿の中に」八木圭一著

公開日:

 実家が老舗料亭を営む亀助は、先輩が立ち上げたグルメサイトで食リポートを書くグルメライター。ある日、亀助は以前から念願していた銀座の寿司屋への入店を果たす。その店「武蔵」は、出資者だけが予約することができる会員制で、店内での撮影や取材は一切認めておらず、提供される料理についても他言禁止の店だった。弁護士の緒方がリーダーを務めるグルメサークルが店を貸し切り、同席を許されたのだ。

 店主・井上のこだわりの熟成寿司を堪能してメンバーと別れた直後に、緒方が倒れて死ぬ。亀助は、井上の名誉回復のために、独自に事件について調べ始める。(「熟成された殺意!?弁護士不審死事件」)

 美食を極めるグルメ探偵が巻き込まれた事件を解決する連作ミステリー。

 (集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る