「手がかりは一皿の中に」八木圭一著

公開日: 更新日:

 実家が老舗料亭を営む亀助は、先輩が立ち上げたグルメサイトで食リポートを書くグルメライター。ある日、亀助は以前から念願していた銀座の寿司屋への入店を果たす。その店「武蔵」は、出資者だけが予約することができる会員制で、店内での撮影や取材は一切認めておらず、提供される料理についても他言禁止の店だった。弁護士の緒方がリーダーを務めるグルメサークルが店を貸し切り、同席を許されたのだ。

 店主・井上のこだわりの熟成寿司を堪能してメンバーと別れた直後に、緒方が倒れて死ぬ。亀助は、井上の名誉回復のために、独自に事件について調べ始める。(「熟成された殺意!?弁護士不審死事件」)

 美食を極めるグルメ探偵が巻き込まれた事件を解決する連作ミステリー。

 (集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  10. 10

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る