「手がかりは一皿の中に」八木圭一著

公開日:

 実家が老舗料亭を営む亀助は、先輩が立ち上げたグルメサイトで食リポートを書くグルメライター。ある日、亀助は以前から念願していた銀座の寿司屋への入店を果たす。その店「武蔵」は、出資者だけが予約することができる会員制で、店内での撮影や取材は一切認めておらず、提供される料理についても他言禁止の店だった。弁護士の緒方がリーダーを務めるグルメサークルが店を貸し切り、同席を許されたのだ。

 店主・井上のこだわりの熟成寿司を堪能してメンバーと別れた直後に、緒方が倒れて死ぬ。亀助は、井上の名誉回復のために、独自に事件について調べ始める。(「熟成された殺意!?弁護士不審死事件」)

 美食を極めるグルメ探偵が巻き込まれた事件を解決する連作ミステリー。

 (集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る