「聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション」柴田大輔著

公開日:  更新日:

 著者は暴走族「関東連合」の元最高幹部。2000年代、同連合は経済界に進出し、上場企業の経営者などのエスタブリッシュメントと交流を重ねた。実業家として成功し、当局から同連合の最大の資金源と目されてきた氏が、連合系企業の金脈と人脈を明かした手記。

 2000年3月、特別少年院を出院したその日にグループに戻った氏は、先輩にすすめられAVプロダクションの経営に乗り出す。その後もさまざまな分野に進出し、連結決算で売り上げ40億円を達成。しかし、朝青龍事件や海老蔵事件などの影響で自由に経済活動ができなくなり、会社を手放したという。

 著名人との交流や暴力団との抗争、あの六本木襲撃事件の真相などにも触れながら、ベールに包まれた関東連合の内幕を記した3部作完結編。

 (宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る