「聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション」柴田大輔著

公開日: 更新日:

 著者は暴走族「関東連合」の元最高幹部。2000年代、同連合は経済界に進出し、上場企業の経営者などのエスタブリッシュメントと交流を重ねた。実業家として成功し、当局から同連合の最大の資金源と目されてきた氏が、連合系企業の金脈と人脈を明かした手記。

 2000年3月、特別少年院を出院したその日にグループに戻った氏は、先輩にすすめられAVプロダクションの経営に乗り出す。その後もさまざまな分野に進出し、連結決算で売り上げ40億円を達成。しかし、朝青龍事件や海老蔵事件などの影響で自由に経済活動ができなくなり、会社を手放したという。

 著名人との交流や暴力団との抗争、あの六本木襲撃事件の真相などにも触れながら、ベールに包まれた関東連合の内幕を記した3部作完結編。

 (宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る