「親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂」篠綾子著

公開日: 更新日:

 なつめは、駒込の菓子舗照月堂で職人として修業を始める。主人・久兵衛夫妻の2人の息子の子守として雇われ、下働きとして厨房にも出入りしていたなつめだが、その熱意を認められ、弟子入りを許されたのだ。

 京で生まれたなつめは、8年前に火事で両親を失い、了然尼の江戸の庵に引き取られた。行方不明の兄の生死は今も分からない。修業初日、なつめは餡作りのための小豆を煮る作業から手ほどきを受ける。なつめが釜の番をしている間、久兵衛は数日後に売り出しが迫った「たい焼き」の試作に取り掛かる。同じころ、店に歌詠みとして名高い露寒軒が訪ねてくる。了然尼の友人である露寒軒はなつめの恩人でもあった。

 小さな菓子舗を舞台に描く時代人情第3弾。

(角川春樹事務所 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る