「悪態の科学」エマ・バーン著 黒木章人訳

公開日:  更新日:

 世界には多様な言語があるが、疎密はあるにせよ、いずれにも悪態や罵倒語が存在し、変化を遂げながら現在も使われている。となれば、悪態・罵倒語が存在する何かしらの理由があるはずだ。「悪態・罵倒語や汚い言葉の伝道師」を自任するロボット工学者の著者は、その効用と重要性を神経科学、言語学、行動心理学などさまざまな面から解き明かしていく。

 氷水に手を突っ込みどれほど耐えられるかという実験で、「ちくしょう」「クソッたれ」などの罵倒語を言うのと言わないのとでは、言う方が1・5倍の時間耐えられたという。手話による言語学習を行っているチンパンジーは、排泄行為を示す手話に特別な意味を持たせ、その言葉を感情的になったときに使うようになった。さらには失語症患者が罵倒語だけは忘れないなどの事例が挙げられていく。

 その他、ジェンダーや国による使い方の違いなど、これまで知られることのなかったタブー語に新たな光を当てた、悪態・罵倒語の百科全書。

(原書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る