「悪態の科学」エマ・バーン著 黒木章人訳

公開日:  更新日:

 世界には多様な言語があるが、疎密はあるにせよ、いずれにも悪態や罵倒語が存在し、変化を遂げながら現在も使われている。となれば、悪態・罵倒語が存在する何かしらの理由があるはずだ。「悪態・罵倒語や汚い言葉の伝道師」を自任するロボット工学者の著者は、その効用と重要性を神経科学、言語学、行動心理学などさまざまな面から解き明かしていく。

 氷水に手を突っ込みどれほど耐えられるかという実験で、「ちくしょう」「クソッたれ」などの罵倒語を言うのと言わないのとでは、言う方が1・5倍の時間耐えられたという。手話による言語学習を行っているチンパンジーは、排泄行為を示す手話に特別な意味を持たせ、その言葉を感情的になったときに使うようになった。さらには失語症患者が罵倒語だけは忘れないなどの事例が挙げられていく。

 その他、ジェンダーや国による使い方の違いなど、これまで知られることのなかったタブー語に新たな光を当てた、悪態・罵倒語の百科全書。

(原書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る