「広辞苑先生、語源をさぐる」新村出著

公開日: 更新日:

 あの国民的辞書「広辞苑」の編纂者がさまざまな言葉の起源について記した名エッセーの復刻。

 元禄時代に日本語の主な言葉の語源の解釈を試みた貝原益軒は、「日本釈名」という書物で、「月」は尽きる、欠けて尽きていくのだからツキというのだと説いたという。しかし、著者は太古の原始人が月の満ち欠けを知り分けて、満ちていく方ではなく、欠けていく方に注意を払って名付けたとすることに疑問を投げかける。その上で、「時(トキ)」という概念は恐らくは月という言葉から発したものであると、自説を展開する。その他、空やしぐれなど天文や気象にまつわる言葉から、訳語である象徴や自由、そして虎や毒だみなどの動植物まで。文典を駆使しながら縦横無尽に語る。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  6. 6

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  9. 9

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る

人気キーワード