• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「広辞苑先生、語源をさぐる」新村出著

 あの国民的辞書「広辞苑」の編纂者がさまざまな言葉の起源について記した名エッセーの復刻。

 元禄時代に日本語の主な言葉の語源の解釈を試みた貝原益軒は、「日本釈名」という書物で、「月」は尽きる、欠けて尽きていくのだからツキというのだと説いたという。しかし、著者は太古の原始人が月の満ち欠けを知り分けて、満ちていく方ではなく、欠けていく方に注意を払って名付けたとすることに疑問を投げかける。その上で、「時(トキ)」という概念は恐らくは月という言葉から発したものであると、自説を展開する。その他、空やしぐれなど天文や気象にまつわる言葉から、訳語である象徴や自由、そして虎や毒だみなどの動植物まで。文典を駆使しながら縦横無尽に語る。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る