「広辞苑先生、語源をさぐる」新村出著

公開日:

 あの国民的辞書「広辞苑」の編纂者がさまざまな言葉の起源について記した名エッセーの復刻。

 元禄時代に日本語の主な言葉の語源の解釈を試みた貝原益軒は、「日本釈名」という書物で、「月」は尽きる、欠けて尽きていくのだからツキというのだと説いたという。しかし、著者は太古の原始人が月の満ち欠けを知り分けて、満ちていく方ではなく、欠けていく方に注意を払って名付けたとすることに疑問を投げかける。その上で、「時(トキ)」という概念は恐らくは月という言葉から発したものであると、自説を展開する。その他、空やしぐれなど天文や気象にまつわる言葉から、訳語である象徴や自由、そして虎や毒だみなどの動植物まで。文典を駆使しながら縦横無尽に語る。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る