「廃墟ラブ 閉店屋五郎2」原宏一著

公開日: 更新日:

 中古品を買い取って店で販売している五郎は、銀行の依頼で、娘の小百合を連れて廃虚化した「ラブパラダイス」を訪れた。倒産したラブホテルの備品の買い取り価格の下見である。通信カラオケセットと壁の隙間にラブノートを発見。利用者が書いたノロケ話の中の、アミという女性の書いた内容が気になった。カツノリという男に貢いでいるが、結婚詐欺のようだ。しかも最後の書き込みは「私とカツノリは、もう永遠にひとつだから」。アミのその後が心配になった五郎は調査を始めた。出入りの清掃会社の当時の責任者に聞くと、なんとカツノリとはラブホテルの社長だった飯塚克則だという。(表題作)

「閉店屋五郎」が活躍する、心あたたまる短編3編。

(文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る