「廃墟ラブ 閉店屋五郎2」原宏一著

公開日: 更新日:

 中古品を買い取って店で販売している五郎は、銀行の依頼で、娘の小百合を連れて廃虚化した「ラブパラダイス」を訪れた。倒産したラブホテルの備品の買い取り価格の下見である。通信カラオケセットと壁の隙間にラブノートを発見。利用者が書いたノロケ話の中の、アミという女性の書いた内容が気になった。カツノリという男に貢いでいるが、結婚詐欺のようだ。しかも最後の書き込みは「私とカツノリは、もう永遠にひとつだから」。アミのその後が心配になった五郎は調査を始めた。出入りの清掃会社の当時の責任者に聞くと、なんとカツノリとはラブホテルの社長だった飯塚克則だという。(表題作)

「閉店屋五郎」が活躍する、心あたたまる短編3編。

(文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る