「文字と組織の世界史」鈴木董著

公開日: 更新日:

 1957年、梅棹忠夫は「文明の生態史観」で新しい文明史モデルを提示し、大きな反響を呼んだ。梅棹は従来の西洋と東洋という区分ではなく、ユーラシア大陸の両端にある西ヨーロッパと日本を第1地域、間に位置するその他の地域を第2地域とする新たな区分けを提唱。同じ第1地域の西欧と日本の文明史の類似性を指摘し、その地域が資本主義先進国となった理由を説いた。

 それから60年。「新しい文明史観」をうたう本書は文字に着目し、同じ文字を使用する地域同士がどのような文化的共通性を醸成していったのか、そして他の文字文化圏といかなるあつれきを生じてきたのかを概観する。

 注目すべきは、言語・宗教・民族といった区分けと文字文化圏は必ずしも一致せず、文字文化圏という観点を導入することで新たな歴史の動きが見えてくることだ。本書で取り上げるのは、ラテン文字世界、ギリシャ・キリル文字世界、梵字(ブラーフミー文字)世界、漢字世界、アラビア文字世界の5つの文字文化圏。漢字を除いて、他の4つはいずれも古代エジプトのヒエログリフを祖としている。そのうちラテン文字は西欧キリスト教世界、ギリシャ・キリル文字は東欧正教世界、アラビア文字はイスラム世界とほぼ重なっていく。

 とはいえ、東欧世界にもラテン文字世界が入り込んでおり、同じ東欧でもポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーはラテン文字世界で、それらの諸国が冷戦終結後いち早くEUへ加盟したことは、文字文化圏の求心力といえるだろう。

 漢字世界でいえば、かつて属していたベトナム、南北朝鮮が抜けて、現在残っているのは中国、台湾、日本のみ。世界的に英語偏重が強まっているが、文明の基盤は多様性にあるはず。漢字文化の見直しも必要では? <狸>

(山川出版社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 8

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る