「酒から教わった大切なこと」東理夫著

公開日: 更新日:

「酒にまつわる文章ほど、その人の本質がうかがえるものはないし、一方、そういう文章ほど人は自分をとりつくろう。とりつくろうところで、その人の本性が見える」とは、著者の言。つまり、徹頭徹尾、酒について書かれた本書には、著者の本質、本性がふんだんに織り込まれていることになる。

 アメリカ文化を中心に、音楽、食べ物、車、道路、ミステリーと幅広い分野に造詣が深く、ブルーグラス奏者でもある著者は酒の知識も豊富で、バーボンやマティーニについての本も著している。

 本書はスコッチ、カクテル、日本酒などあらゆる酒に関するコラム全118本が収められている。たとえば、ジャズ評論家の久保田二郎から伝授された正しいオンザロックの飲み方。親指と小指と薬指でグラスの底の方を持ち、残りの2本指でたばこを挟み、左手は隣の女性の腰を抱く――著者によるとこれはレトリックで実行は不可能とのこと。

 ウイスキーの水割りは実は繊細な飲み物で、京都の古いバーの主人はドアを開けて入ってくる客の表情を見て水割りの濃さを決める。ハイボールを日本に紹介したのは元巨人軍監督の水原茂で、学生時代のアメリカ遠征で出合ったそれはバーボンをソーダで割ったものだった等々、とっておきの話が満載。小説、映画、音楽に登場する酒にまつわる描写がふんだんに紹介されているのもうれしい。かつて読んだ物語、見た映像が酒の場面とほどよくブレンドされ懐かしく蘇ってくる。

 バーのカウンターで偶然隣り合わせた人が、「そうそう、こんな話知ってる?」と話しかけてきて、その面白さについ聞き入ってしまい、気づくと夜が白々と明けている。そんな貴重なひとときを与えてくれる。この心地良い語り口こそが著者の本質、本性なのだろう。(天夢人 1500円+税)

 <狸>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る