「会計の世界史」田中靖浩著

公開日: 更新日:

 会計の歴史というと、数式や専門用語が出てきてとっつきにくそうなイメージだが、本書はそれを見事に裏切って、楽しい読み物となっている。

 まず登場するのはルネサンスの天才、レオナルド・ダビンチ。公証人を父に持つ彼のエピソードを交えながら、イタリアで簿記が発祥した歴史を説き起こす。

 次に、レンブラントを枕に、オランダの東インド会社に始まる株式会社と証券取引所の歴史を説明。舞台は変わって、産業革命時代のイギリス。スティーブンソンが発明した蒸気機関車が端緒となって減価償却という考えが生まれたことを解説。

 さらに、カーネギー、ロックフェラー、J・P・モルガンといったアメリカの大富豪たちを登場させて、大量生産、分業、原価計算などの方式が広まっていく経緯をたどっていく。

 その他、ビートルズの楽曲の権利を買い取ったマイケル・ジャクソンを例にコストとリターンの問題を説明するなど、有名人のエピソードを楽しみながら会計の勉強ができるという優れもの。

(日本経済新聞出版社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る