「会計の世界史」田中靖浩著

公開日: 更新日:

 会計の歴史というと、数式や専門用語が出てきてとっつきにくそうなイメージだが、本書はそれを見事に裏切って、楽しい読み物となっている。

 まず登場するのはルネサンスの天才、レオナルド・ダビンチ。公証人を父に持つ彼のエピソードを交えながら、イタリアで簿記が発祥した歴史を説き起こす。

 次に、レンブラントを枕に、オランダの東インド会社に始まる株式会社と証券取引所の歴史を説明。舞台は変わって、産業革命時代のイギリス。スティーブンソンが発明した蒸気機関車が端緒となって減価償却という考えが生まれたことを解説。

 さらに、カーネギー、ロックフェラー、J・P・モルガンといったアメリカの大富豪たちを登場させて、大量生産、分業、原価計算などの方式が広まっていく経緯をたどっていく。

 その他、ビートルズの楽曲の権利を買い取ったマイケル・ジャクソンを例にコストとリターンの問題を説明するなど、有名人のエピソードを楽しみながら会計の勉強ができるという優れもの。

(日本経済新聞出版社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る