「操られる民主主義」ジェイミー・バートレット著、秋山勝訳

公開日: 更新日:

 テクノロジーの進化によって、私たちはさまざまな情報にアクセスすることが可能になった。しかし当初自由をもたらすと思われていたテクノロジーによって、自由で民主的な社会の基盤は破壊されつつあるという。

 例えば自分と似た属性を持つ人と簡単にアクセスできるようになった結果、その集団の不利益に対する怒りは増幅される。ネットによって人は感情的かつ攻撃的になり、民主的な話し合いよりも過激な対立に導かれやすくなるというのだ。

 加えて、さまざまな行動記録が収集される昨今、ビッグデータを利用した選挙戦も珍しくない。米国大統領選においては、国産車購入者が潜在的な共和党支持者であるというデータから、フォード車購入者で最近投票していない人物を説得可能なターゲットとして抽出していたという。

 さらにグーグル検索の表示順位やフェイスブックが投票に及ぼす影響についても言及。プラットフォームを持つ者が独り勝ちする世界の危険性を指摘している。

 (草思社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る

人気キーワード