「操られる民主主義」ジェイミー・バートレット著、秋山勝訳

公開日: 更新日:

 テクノロジーの進化によって、私たちはさまざまな情報にアクセスすることが可能になった。しかし当初自由をもたらすと思われていたテクノロジーによって、自由で民主的な社会の基盤は破壊されつつあるという。

 例えば自分と似た属性を持つ人と簡単にアクセスできるようになった結果、その集団の不利益に対する怒りは増幅される。ネットによって人は感情的かつ攻撃的になり、民主的な話し合いよりも過激な対立に導かれやすくなるというのだ。

 加えて、さまざまな行動記録が収集される昨今、ビッグデータを利用した選挙戦も珍しくない。米国大統領選においては、国産車購入者が潜在的な共和党支持者であるというデータから、フォード車購入者で最近投票していない人物を説得可能なターゲットとして抽出していたという。

 さらにグーグル検索の表示順位やフェイスブックが投票に及ぼす影響についても言及。プラットフォームを持つ者が独り勝ちする世界の危険性を指摘している。

 (草思社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る