「蕪村 己が身の闇より吼て」小嵐九八郎著

公開日:  更新日:

 江戸時代の中頃、将軍吉宗の時代。大坂湾から京都へ続く淀川沿いの土手を一人の少年が裸足で走っていた。その着物の袖と襟元には赤黒い染みが広がっている。15歳になる少年は人をあやめて故郷から逃げ出しているところだった。

 しばらくは鴨川の河原でこじきをしながら糊口をしのいでいたが、仲間に襲われほどなく遁走。その後、僧侶の弁空に拾われ寺男に。寺で俳諧と絵を学んだ男は、俳諧を飯の種にしようと江戸へ向かう。俳諧師・宋阿に弟子入りして宰鳥と名乗る。そこから幾変転、号を蕪村とし、ふたたび京へ戻り、還俗して与謝姓を名乗る。俳人・与謝蕪村の誕生である。

 画人としても、池大雅、伊藤若冲、円山応挙らと並び、当時の京都画壇の重要な一角を占めるようになる。とはいえ、己の罪過を生涯胸に抱えながら、蕪村の心は定まらぬままさまよい続ける……。

 20歳以前の生い立ちがほとんどわかっていない与謝蕪村の知られざる闇の迷宮に大胆に分け入り、その精神の内奥に迫る渾身の歴史長編。

 (講談社 1950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る