「つながっているのに孤独」シェリー・タークル著、渡会圭子訳

公開日:  更新日:

 コンピューターが登場し、人工知能(AI)が持ち得る知能についての議論が盛んにされていた頃から約30年が経過した今の時代、テクノロジーは私たちの生活に欠かせないものとなっている。しかしスマホ、SNS、VR、ロボットなど、生活を便利にするはずのテクノロジーは、いつしか人間の心に大きな影響を及ぼし始めた。本書は、臨床心理学者である著者が、人とテクノロジーの交流について実地研究したものを基にまとめたものだ。

 主に、人とコミュニケーションをしているかのように設計されたコンパニオンロボットとの関係と、常に外部に接続されているネットワーク社会での心の変化に関する2つの側面について考察している。物理的な距離よりも、使えるコミュニケーションツールによって人とのつながりを分断し得る社会では、体がそこにあっても心がそこにいないことが起こり得る。

 道具だったはずのテクノロジーに翻弄される人間の心について考えさせられる。

(ダイヤモンド社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る