「つながっているのに孤独」シェリー・タークル著、渡会圭子訳

公開日: 更新日:

 コンピューターが登場し、人工知能(AI)が持ち得る知能についての議論が盛んにされていた頃から約30年が経過した今の時代、テクノロジーは私たちの生活に欠かせないものとなっている。しかしスマホ、SNS、VR、ロボットなど、生活を便利にするはずのテクノロジーは、いつしか人間の心に大きな影響を及ぼし始めた。本書は、臨床心理学者である著者が、人とテクノロジーの交流について実地研究したものを基にまとめたものだ。

 主に、人とコミュニケーションをしているかのように設計されたコンパニオンロボットとの関係と、常に外部に接続されているネットワーク社会での心の変化に関する2つの側面について考察している。物理的な距離よりも、使えるコミュニケーションツールによって人とのつながりを分断し得る社会では、体がそこにあっても心がそこにいないことが起こり得る。

 道具だったはずのテクノロジーに翻弄される人間の心について考えさせられる。

(ダイヤモンド社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

もっと見る