「死が贈りものになるとき」織田淳太郎著

公開日:

 著者の息子、「ゆうだい」は悪性のすい臓がんという診断を受け、2016年11月20日に29歳で世を去った。著者と先妻のA子は深い悲しみに沈む。2人で「大好きだった沖縄の海に散骨しよう」と話し合った夜、A子の夢にゆうだいが現れ、「わざわざ沖縄に散骨に来なくていいから。おらはこれからも、母さんとずっと一緒にいるよ」と笑顔で伝えた。

 そして1カ月後、「魂の声を聴く者」と名乗る人からA子に手紙が届いた。「ぼくはお母さんとともに生きてるよ」と言うゆうだいの声を聴いたと書かれていた。本人から教わったと、その名も「悠悌」と正しく書かれていた。

 死者からのメッセージを受け取って悲しみが癒やされていく姿をつづる。

(中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る