「写真で愉しむ東京「水流」地形散歩」小林紀晴著、今尾恵介監修・解説

公開日: 更新日:

 ある日、地下鉄・中野坂上駅近くの坂の上に立った写真家の著者は、学生時代から慣れ親しんだ風景が違って見えた。その眺めは、膨大な時間をかけて神田川が土を削ってつくりだしたものだと知ったからだ。

 本書は、そんな都内の水脈を感じさせる地形やその痕跡を撮影して歩いた写真紀行。

 最初の一枚は、かつて通っていた学校への通学路でもあったその高台からの眺め。木製の大判写真機を調整しながら、2万年前は海面低下で地表だった現在の東京湾に流れていた「古東京川」に思いをはせる。

 その他、日暮里崖線や妙正寺川など土地の成り立ちと移ろいを紹介しながら都内各地を歩く。それぞれの土地について地図研究家の今尾氏が解説を添える。

 (集英社 820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る