「考える日本史」本郷和人著

公開日: 更新日:

 東京大学史料編纂(へんさん)所教授の著者がその豊富な知識を駆使し、落語の三題噺(ばなし)のように漢字一文字のお題から展開する歴史講義。

「信」のお題では「いちばん最初に造られた銭は、和同開珎」という、誰もが教科書で学んだ知識を取り上げ、和同開珎もそれより古いといわれる富本銭も、そもそも銭だったのかと疑問を投げかける。

 古代社会は物々交換が主流で、銭が流通していたとはとても考えられない。さらに、銭が普及するには国家の信用がある程度、大きくないといけないと、鎌倉時代や江戸時代の銭を巡るエピソードを紹介しながら、銭と国家の信用の関係を解いていく。

 その他、「血」「恨」などをキーワードに、縦横無尽の語り口で日本史のポイントを伝える。 (河出書房新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る