「好きになった人」梯久美子著

公開日: 更新日:

 人気ノンフィクション作家の初エッセー集。

 雑誌のライターをしていた著者の単行本デビュー作は、太平洋戦争末期の激戦地、硫黄島の最高指揮官だった栗林忠道中将の評伝だった。「手紙の力」と題された一文では、戦争映画を見たことも、戦記物を読んだこともなかった著者が、その評伝を書くきっかけとなった一通の手紙や、大逆事件で無実の罪を着せられ処刑された管野スガが、自分の命を差し置いて恋人だった幸徳秋水を助けるために獄中から出した「針文字」で書かれた手紙について記す。

 その他、かつて秘書として仕えた上場企業の社長が発した言葉の意味を今改めて考えるなど、取材を通して知り合った人との出会いや、人生の思い出の一コマを静謐な筆致でつづる。

 (筑摩書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

もっと見る