「好きになった人」梯久美子著

公開日:

 人気ノンフィクション作家の初エッセー集。

 雑誌のライターをしていた著者の単行本デビュー作は、太平洋戦争末期の激戦地、硫黄島の最高指揮官だった栗林忠道中将の評伝だった。「手紙の力」と題された一文では、戦争映画を見たことも、戦記物を読んだこともなかった著者が、その評伝を書くきっかけとなった一通の手紙や、大逆事件で無実の罪を着せられ処刑された管野スガが、自分の命を差し置いて恋人だった幸徳秋水を助けるために獄中から出した「針文字」で書かれた手紙について記す。

 その他、かつて秘書として仕えた上場企業の社長が発した言葉の意味を今改めて考えるなど、取材を通して知り合った人との出会いや、人生の思い出の一コマを静謐な筆致でつづる。

 (筑摩書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る