「好きになった人」梯久美子著

公開日:

 人気ノンフィクション作家の初エッセー集。

 雑誌のライターをしていた著者の単行本デビュー作は、太平洋戦争末期の激戦地、硫黄島の最高指揮官だった栗林忠道中将の評伝だった。「手紙の力」と題された一文では、戦争映画を見たことも、戦記物を読んだこともなかった著者が、その評伝を書くきっかけとなった一通の手紙や、大逆事件で無実の罪を着せられ処刑された管野スガが、自分の命を差し置いて恋人だった幸徳秋水を助けるために獄中から出した「針文字」で書かれた手紙について記す。

 その他、かつて秘書として仕えた上場企業の社長が発した言葉の意味を今改めて考えるなど、取材を通して知り合った人との出会いや、人生の思い出の一コマを静謐な筆致でつづる。

 (筑摩書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る