「十津川警部 怒りと悲しみのしなの鉄道」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 警視総監の後藤が誘拐された。犯人は、列車爆破事件を起こし獄中で病死した死刑囚・山中の息子と名乗り、父親の無実の罪を晴らすため、爆破事件の真犯人を1週間以内に突き止めなければ後藤を殺害すると通告してきた。

 誘拐事件の捜査を進める一方で、十津川らが2年前の爆破事件の再捜査に乗り出す。事件では軽井沢から長野に向かっていた「しなの鉄道」が爆破され、22人の乗客が犠牲になった。被害者の1人は当時の警視総監の永井だった。目撃情報から前科のある山中が逮捕されたのだ。

 十津川らは、永井が列車に乗った理由や、まだ分かっていない3人の被害者の身元など、当時解明されていなかった謎を調べ始める。

 人気トラベルミステリーシリーズ最新刊。

 (実業之日本社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る