「行政責任を考える」新藤宗幸著

公開日: 更新日:

 2016年に労災認定を受けた者のうち、月平均時間外労働が160時間以上が52人もいた。労働基準法では労働時間の上限を1週40時間と定めているが、「納期が迫っているとき」などの例外規定があり、実際は「青天井」に等しい。

 現在、問題になっている「高度プロフェッショナル制度」は、金融アナリストなどの職が想定され、本人の同意を条件に労働時間規制から外し、週40時間を上回る分が月100時間を超えたら医師の面接指導を受けるというもの。法律は厚労省令で指定するとしているが、法律本体には規定されていない。政権の意を受けた官僚機構の裁量で拡大される可能性があり、過労死を助長する制度なのだ。政権と癒着して自律性を失った官僚組織の病理をえぐる。

(東京大学出版会 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る