「原子力規制委員会」新藤宗幸著

公開日: 更新日:

 福島第1原子力発電所事故をきっかけに、2012年9月に発足した原子力規制委員会の組織と活動を検証したリポート。

 原子力規制委員会とその事務局である原子力規制庁をめぐっては、原発を国策として推進することに利益を見いだしてきた「原子力ムラ」とのつながり、新規制基準の「緩さ」、再稼働審査の「拙速さ」などが科学者や市民運動家から指摘されている。

 一方で電力業界や政治家などからは事業者の言い分を聞かない「暴走する委員会」という真逆の批判を受けている。設置経過から活動まで詳細に検討、原発訴訟にみられる新規制基準に基づく委員会の判断への司法の評価なども考察しながら、「独立性」と「中立性」を備えた原子力規制機関のあるべき姿を提示する。 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る