「原子力規制委員会」新藤宗幸著

公開日: 更新日:

 福島第1原子力発電所事故をきっかけに、2012年9月に発足した原子力規制委員会の組織と活動を検証したリポート。

 原子力規制委員会とその事務局である原子力規制庁をめぐっては、原発を国策として推進することに利益を見いだしてきた「原子力ムラ」とのつながり、新規制基準の「緩さ」、再稼働審査の「拙速さ」などが科学者や市民運動家から指摘されている。

 一方で電力業界や政治家などからは事業者の言い分を聞かない「暴走する委員会」という真逆の批判を受けている。設置経過から活動まで詳細に検討、原発訴訟にみられる新規制基準に基づく委員会の判断への司法の評価なども考察しながら、「独立性」と「中立性」を備えた原子力規制機関のあるべき姿を提示する。 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る