「原子力規制委員会」新藤宗幸著

公開日:  更新日:

 福島第1原子力発電所事故をきっかけに、2012年9月に発足した原子力規制委員会の組織と活動を検証したリポート。

 原子力規制委員会とその事務局である原子力規制庁をめぐっては、原発を国策として推進することに利益を見いだしてきた「原子力ムラ」とのつながり、新規制基準の「緩さ」、再稼働審査の「拙速さ」などが科学者や市民運動家から指摘されている。

 一方で電力業界や政治家などからは事業者の言い分を聞かない「暴走する委員会」という真逆の批判を受けている。設置経過から活動まで詳細に検討、原発訴訟にみられる新規制基準に基づく委員会の判断への司法の評価なども考察しながら、「独立性」と「中立性」を備えた原子力規制機関のあるべき姿を提示する。 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る