「社交不安障害」岡田尊司著

公開日: 更新日:

 社交(社会)不安障害とは、人前で話すのが苦手とか、自然な人づきあいができないなど、人と関わる場面において不安や緊張が強いために社会生活に支障が出る状態。アメリカでは有病率が7~12%といわれ、日本はさらに多くの人が悩んでいると思われる。自己主張よりも遠慮や謙遜が重視された時代は美徳でさえあったが、今は欠点と見なされ、障害として扱われるようになってしまった。

 多くの人が生まれつきの性格と勘違いしているが、それは後から身につけてしまった悪い習慣や癖にすぎず、今から変えていくことができるという。

 本書では、そんな社交不安障害の要因や発症に至る経過などの概要を解説するとともに、乗り越えるための改善プログラムを紹介する。

 (幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る