「座席ナンバー7Aの恐怖」セバスチャン・フィツェック著、酒寄進一訳

公開日: 更新日:

 飛行機恐怖症の精神科医マッツ・クリューガーは、乳児連れで困っていた女性に7Aの座席を譲った。他に予約しておいた、飛行機で最も安全な47Kの席に移ろうとしたら、そこには男が熟睡していた。仕方なく、通路側の席に座った。

 飛行中、亡き妻が使っていた香水の匂いがするのに気がつき、不安になったとき、マッツのポケットのiPhoneが振動した。電話の相手は、自分の指示に従わなければ妊娠中の娘の命はないと脅し、猿ぐつわをされた娘の画像を見せた。そして、機内にマッツの元患者がいる。その患者の殺人願望を再活性化させ、飛行機を墜落させろと指示したのだ。上空数千メートルを飛ぶ「密室」を舞台に繰り広げられる戦慄のサスペンス。

(文藝春秋 2250円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る

人気キーワード