「座席ナンバー7Aの恐怖」セバスチャン・フィツェック著、酒寄進一訳

公開日: 更新日:

 飛行機恐怖症の精神科医マッツ・クリューガーは、乳児連れで困っていた女性に7Aの座席を譲った。他に予約しておいた、飛行機で最も安全な47Kの席に移ろうとしたら、そこには男が熟睡していた。仕方なく、通路側の席に座った。

 飛行中、亡き妻が使っていた香水の匂いがするのに気がつき、不安になったとき、マッツのポケットのiPhoneが振動した。電話の相手は、自分の指示に従わなければ妊娠中の娘の命はないと脅し、猿ぐつわをされた娘の画像を見せた。そして、機内にマッツの元患者がいる。その患者の殺人願望を再活性化させ、飛行機を墜落させろと指示したのだ。上空数千メートルを飛ぶ「密室」を舞台に繰り広げられる戦慄のサスペンス。

(文藝春秋 2250円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る