「脱落者」ジム・トンプスン著 田村義進訳

公開日: 更新日:

 8月の終わりの午後、保安官補のトム・ロードと娼婦のジョイスを乗せた大きなコンバーティブルがテキサスの西の外れを走っていた。止まったのは、アーロン・マクブライドが監督責任者を務めるハイランド・オイル&ガス社の試掘井のやぐらと付帯施設の前だった。作業員の話では、マクブライドは必要な機材が届かず作業が一日中断しただけで、全員を解雇したという。

 トムとマクブライドの間には確執があった。トムが幼いころ失踪した母が息子の手元に残したのは、一見、最悪に見える土地の採掘権だった。大金持ちになるはずだったトムに取引をもちかけたのがマクブライドだったのだ。

 西部の町の原油採掘権をめぐるサスペンス。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る