「脱落者」ジム・トンプスン著 田村義進訳

公開日: 更新日:

 8月の終わりの午後、保安官補のトム・ロードと娼婦のジョイスを乗せた大きなコンバーティブルがテキサスの西の外れを走っていた。止まったのは、アーロン・マクブライドが監督責任者を務めるハイランド・オイル&ガス社の試掘井のやぐらと付帯施設の前だった。作業員の話では、マクブライドは必要な機材が届かず作業が一日中断しただけで、全員を解雇したという。

 トムとマクブライドの間には確執があった。トムが幼いころ失踪した母が息子の手元に残したのは、一見、最悪に見える土地の採掘権だった。大金持ちになるはずだったトムに取引をもちかけたのがマクブライドだったのだ。

 西部の町の原油採掘権をめぐるサスペンス。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード