「江戸の不動産」安藤優一郎著

公開日: 更新日:

 徳川時代、江戸では武士や町人、農民が入り乱れ、土地取引に精を出し、不動産ビジネスが盛んに行われていたという。

 不動産という視点から江戸経済の実態に迫る歴史本。

 100万都市といわれた江戸の土地は、幕府が所有し大名や旗本など武士が拝領した「武家地」、神社や寺院が立つ「寺社地」、町人が住む「町人地」の3つに分類される。江戸の7割を占める武家地は幕府の所有地であり、拝領主には売買が許されていなかった。

 しかし、実際には抜け道があり、売買されていたという。

 そうした武家地の取引の実際や規則をかいくぐるテクニックをはじめ、資産を蓄えた豪商や豪農の不動産経営、維新後の拝領地の払い下げを巡る駆け引きなど。

 世界最大の都市として繁栄した江戸の意外な秘密が明らかになる。

(文藝春秋 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る