「江戸の不動産」安藤優一郎著

公開日: 更新日:

 徳川時代、江戸では武士や町人、農民が入り乱れ、土地取引に精を出し、不動産ビジネスが盛んに行われていたという。

 不動産という視点から江戸経済の実態に迫る歴史本。

 100万都市といわれた江戸の土地は、幕府が所有し大名や旗本など武士が拝領した「武家地」、神社や寺院が立つ「寺社地」、町人が住む「町人地」の3つに分類される。江戸の7割を占める武家地は幕府の所有地であり、拝領主には売買が許されていなかった。

 しかし、実際には抜け道があり、売買されていたという。

 そうした武家地の取引の実際や規則をかいくぐるテクニックをはじめ、資産を蓄えた豪商や豪農の不動産経営、維新後の拝領地の払い下げを巡る駆け引きなど。

 世界最大の都市として繁栄した江戸の意外な秘密が明らかになる。

(文藝春秋 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード