「ブレないスポーツ報道」津田俊樹著

公開日: 更新日:

 2018年、大学アメリカンフットボールの試合で、パスを投げ終えた関西学院大学の選手に日大の選手が背後から悪質なタックルをかけるという事件が起きた。

 その映像がユーチューブにアップされたが、翌日が休刊日だったことから新聞報道は5日後となり、テレビは無視だった。映像はSNSで拡散し、事実関係が確認されないまま、反響は広がっていった。

 それに押されるように、タックルを指示した監督は「悪」で選手は「善」とみる構図ができあがっていく。メディアの主役が「紙」からネットになったことを、著者は思い知らされた。この事件はやがて、東京五輪問題も絡んで、スポーツ界への国の介入という流れを招くことに。

 元新聞記者がスポーツ報道のあり方を問う。

 (言視舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  4. 4

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード