「東京ミステリ~」戸矢学著

公開日: 更新日:

 徳川家康は風水・陰陽道に通暁していて、安土城や大坂城を陥落させ、町の基本構造も破壊した。

 これは「風水断ち」という手法で、織田家も豊臣家もその後、衰退した。江戸は日本一の風水好適地だが、徳川はそれをさらに補強した。

 江戸城を取り囲む掘割は「内堀」「外堀」と呼ばれていて、あたかも同心円であるかのように思えるが、地図を見ると螺旋状になっている。

 これは家康に仕えた南光坊天海の構想によるものと考えられる。富士山からの気の流れを江戸城へ集約収斂するための呪術的手法なのだ。

 他に、上野赤羽断層に立ち並ぶ神社が示す「東京沈没」の目安など、風水で東京の秘密を解き明かす一冊。

(太陽出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る