「東京ミステリ~」戸矢学著

公開日: 更新日:

 徳川家康は風水・陰陽道に通暁していて、安土城や大坂城を陥落させ、町の基本構造も破壊した。

 これは「風水断ち」という手法で、織田家も豊臣家もその後、衰退した。江戸は日本一の風水好適地だが、徳川はそれをさらに補強した。

 江戸城を取り囲む掘割は「内堀」「外堀」と呼ばれていて、あたかも同心円であるかのように思えるが、地図を見ると螺旋状になっている。

 これは家康に仕えた南光坊天海の構想によるものと考えられる。富士山からの気の流れを江戸城へ集約収斂するための呪術的手法なのだ。

 他に、上野赤羽断層に立ち並ぶ神社が示す「東京沈没」の目安など、風水で東京の秘密を解き明かす一冊。

(太陽出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る

人気キーワード