「東京ミステリ~」戸矢学著

公開日: 更新日:

 徳川家康は風水・陰陽道に通暁していて、安土城や大坂城を陥落させ、町の基本構造も破壊した。

 これは「風水断ち」という手法で、織田家も豊臣家もその後、衰退した。江戸は日本一の風水好適地だが、徳川はそれをさらに補強した。

 江戸城を取り囲む掘割は「内堀」「外堀」と呼ばれていて、あたかも同心円であるかのように思えるが、地図を見ると螺旋状になっている。

 これは家康に仕えた南光坊天海の構想によるものと考えられる。富士山からの気の流れを江戸城へ集約収斂するための呪術的手法なのだ。

 他に、上野赤羽断層に立ち並ぶ神社が示す「東京沈没」の目安など、風水で東京の秘密を解き明かす一冊。

(太陽出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

人気キーワード