「日米地位協定」山本章子著

公開日: 更新日:

「日米地位協定」は、米軍が日本に駐留できるよう、基地の使用・行動範囲・経費負担・関係者の権利などを保証するもの。その起源は日本がサンフランシスコ講和条約を締結する際、独立後も占領期と変わらぬ米軍の特権や日本側の経費負担などを定めた日米行政協定を結んだことにある。

 日米行政協定は1960年に日米地位協定へと改定されたが、在日米軍の既得権益の両柱である基地の管理権と裁判管轄権・捜査権はそのまま引き継がれた。なぜ現状のような運用が行われ続けてきたのか。それは日米地位協定が、条文ではなく、両政府が別途作成し、長らく非公開だった「日米地位協定合意議事録」に基づいて運用されてきたからだという。

 戦後の日米関係の軌跡をたどり、日米地位協定の本質に迫るテキスト。

(中央公論新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る