「日米地位協定」山本章子著

公開日: 更新日:

「日米地位協定」は、米軍が日本に駐留できるよう、基地の使用・行動範囲・経費負担・関係者の権利などを保証するもの。その起源は日本がサンフランシスコ講和条約を締結する際、独立後も占領期と変わらぬ米軍の特権や日本側の経費負担などを定めた日米行政協定を結んだことにある。

 日米行政協定は1960年に日米地位協定へと改定されたが、在日米軍の既得権益の両柱である基地の管理権と裁判管轄権・捜査権はそのまま引き継がれた。なぜ現状のような運用が行われ続けてきたのか。それは日米地位協定が、条文ではなく、両政府が別途作成し、長らく非公開だった「日米地位協定合意議事録」に基づいて運用されてきたからだという。

 戦後の日米関係の軌跡をたどり、日米地位協定の本質に迫るテキスト。

(中央公論新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る