「グラビアアイドルの仕事論」倉持由香著/星海社新書

公開日: 更新日:

 私は、ラジオ番組で共演するまで、著者のことをまったく知らなかった。「普通のグラビアアイドルだな」というのが、第一印象だった。もちろん、一般人と比べたらきれいなのだが、売れっ子のグラビアアイドルは、人間とは思えないほど美しい。10万人に1人くらいの美貌がないと、一流になれない世界だ。しかも、グラビアアイドルは、若手芸人よりも厳しい経済状況に置かれる。何しろ、雑誌の表紙を飾ってもギャラはゼロという業界だ。収入は、写真集やDVDやイベントなどで稼がないといけない。だから、大部分のグラビアアイドルは、アルバイトで生計を立てている。

 ところが、著者はタワーマンションを買うほどの大成功を収めた。そのビジネスモデルが、本書のテーマだ。

 ご多分に漏れず、グラビアアイドルになった著者も、鳴かず飛ばずの貧困生活が続いた。転機は、著者のコンプレックスだったデカ尻を、むしろ売り物にすべきだとカメラマンにアドバイスされたことだった。

 それ以降、彼女は尻職人となり、ちょっとエロチックな写真をSNSに投稿し続けた。彼女のフォロワーは、どんどん増えていった。SNSへ投稿するだけでは、お金は稼げないが、著者の考える「知名度のピラミッド」はこうなっている。下層には、著者を知っているフォロワーがいる。その上の中層に雑誌や写真集を買ってくれるファンがいる。そして、その上のトップ層に、撮影会やイベントに足を運んでくれるコアなファンがいるのだ。トップ層を100人獲得するためには、1万人のフォロワーが必要となる。だから、日々努力を続けて、下層を拡大していくのだ。

 時代は変わったと思う。昔は、アイドルを作ろうと思ったら、事務所やレコード会社が総力を挙げて売り出す必要があった。当然、アイドルはごく一部の選ばれた人だけができる仕事だった。しかし、いまやSNSを活用して、自力でファンを作り出すことが可能になったのだ。

 この仕掛けは、アイドル以外の分野でも通用する。もちろん、下層を増やすのには独特のノウハウが必要だが、本書はそれを惜しげもなく公開した「ビジネス書」なのだ。

★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード