「グラビアアイドルの仕事論」倉持由香著/星海社新書

公開日: 更新日:

 私は、ラジオ番組で共演するまで、著者のことをまったく知らなかった。「普通のグラビアアイドルだな」というのが、第一印象だった。もちろん、一般人と比べたらきれいなのだが、売れっ子のグラビアアイドルは、人間とは思えないほど美しい。10万人に1人くらいの美貌がないと、一流になれない世界だ。しかも、グラビアアイドルは、若手芸人よりも厳しい経済状況に置かれる。何しろ、雑誌の表紙を飾ってもギャラはゼロという業界だ。収入は、写真集やDVDやイベントなどで稼がないといけない。だから、大部分のグラビアアイドルは、アルバイトで生計を立てている。

 ところが、著者はタワーマンションを買うほどの大成功を収めた。そのビジネスモデルが、本書のテーマだ。

 ご多分に漏れず、グラビアアイドルになった著者も、鳴かず飛ばずの貧困生活が続いた。転機は、著者のコンプレックスだったデカ尻を、むしろ売り物にすべきだとカメラマンにアドバイスされたことだった。

 それ以降、彼女は尻職人となり、ちょっとエロチックな写真をSNSに投稿し続けた。彼女のフォロワーは、どんどん増えていった。SNSへ投稿するだけでは、お金は稼げないが、著者の考える「知名度のピラミッド」はこうなっている。下層には、著者を知っているフォロワーがいる。その上の中層に雑誌や写真集を買ってくれるファンがいる。そして、その上のトップ層に、撮影会やイベントに足を運んでくれるコアなファンがいるのだ。トップ層を100人獲得するためには、1万人のフォロワーが必要となる。だから、日々努力を続けて、下層を拡大していくのだ。

 時代は変わったと思う。昔は、アイドルを作ろうと思ったら、事務所やレコード会社が総力を挙げて売り出す必要があった。当然、アイドルはごく一部の選ばれた人だけができる仕事だった。しかし、いまやSNSを活用して、自力でファンを作り出すことが可能になったのだ。

 この仕掛けは、アイドル以外の分野でも通用する。もちろん、下層を増やすのには独特のノウハウが必要だが、本書はそれを惜しげもなく公開した「ビジネス書」なのだ。

★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る