「データサイエンス入門」 竹村彰通著/岩波新書/2018年

公開日: 更新日:

 ビジネスパーソンから「データサイエンスについて知りたいので、入門レベルの良い本を紹介してほしい」と尋ねられることがよくある。「いろいろ読んでみたけれど、竹村彰通先生の『データサイエンス入門』が専門的内容のレベルを落とさずに、わかりやすく説明している」と言って本書を勧めている。

 重要なのは、データサイエンスにとって不可欠のツールとなっているコンピューターが計算機である(それ以上でも以下でもない)という現実を押さえておくことだ。
<人間の脳は計算機と同じような計算をしているのかという点についてはよくわからない。/(中略)人間の脳は神経組織からなる機械のようにも考えられるが、自然の一部でもあり、現在のコンピュータと同じ原理で動いているとは考えにくい。/計算に帰着できる、あるいは高速な計算で模倣できるような人間の知的な作業は、人工知能技術で置き換わっていくと考えられる。ビッグデータの時代となり、例えばセンサーなどで計測されるデータ量があまりに多く、人間が直接にすべてを見ることができない場合には、データの前処理をコンピュータがおこない、データの縮約や間引きが必要となる。しかしデータから意思決定をおこなうのは人間である>

 計算機から発展したAI(人工知能)も人間のように考えることはできない。ビッグデータを統計的に処理しても、その意味を読み解く作業は人間に委ねられる。

 AIと競合する仕事については、今後、急速に淘汰されていくであろう。他方、ビッグデータをAI技術によって処理したデータを読み解き、そこから意味を発見し、意思決定を行う機能は人間に委ねられる。読解や意思決定に資する幅広い教養がますます求められるようになってくる。

 データサイエンスを理解するためには、統計に関する基礎知識が不可欠だ。高校で文科系クラスに属し、大学は文科系で数学に真剣に取り組まないまま社会に出た人たちにとっては、まず、高校数学レベルを数学Ⅲまで、マスターすることが必要だ。今後、高校(場合によっては中学)数学の学び直しの需要も増えてくるようになると思う。 ★★★(選者・佐藤優)

(2019年7月5日脱稿)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

人気キーワード