「一分」坂岡真著

公開日: 更新日:

 丹波篠山藩の城勤めを辞した父が開いた小柴流の道場で、陽太郎は師範代を務めていた。東馬出し口門番士だった21歳のとき、身分の低い下士ながら、御前試合で優勝する。患っていた父が死に1人になった陽太郎の元に、父を見限って実家に戻った母の兄、桑田忠左衛門から使いが来て、茶屋に呼び出された。

 桑田は、江戸にいる藩主に直訴を企てている農民を闇討ちにすることを命じた。陽太郎が藩の剣術指南役の鶴橋と炭焼き小屋に向かうと、そこにいたのは道場に通っていた清七だった。陽太郎の制止を無視して清七を斬り殺した鶴橋に、陽太郎は刃を向ける。

 密命に背いて武士を捨て、酒蔵で名酒造りにいそしむ男を描く時代小説。

(光文社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る