「一分」坂岡真著

公開日: 更新日:

 丹波篠山藩の城勤めを辞した父が開いた小柴流の道場で、陽太郎は師範代を務めていた。東馬出し口門番士だった21歳のとき、身分の低い下士ながら、御前試合で優勝する。患っていた父が死に1人になった陽太郎の元に、父を見限って実家に戻った母の兄、桑田忠左衛門から使いが来て、茶屋に呼び出された。

 桑田は、江戸にいる藩主に直訴を企てている農民を闇討ちにすることを命じた。陽太郎が藩の剣術指南役の鶴橋と炭焼き小屋に向かうと、そこにいたのは道場に通っていた清七だった。陽太郎の制止を無視して清七を斬り殺した鶴橋に、陽太郎は刃を向ける。

 密命に背いて武士を捨て、酒蔵で名酒造りにいそしむ男を描く時代小説。

(光文社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る

人気キーワード