稲葉稔(作家)

公開日: 更新日:

6月×日 仕事が進まず悶々。朝から根を詰めているがはかどらない。

 ゴルフの練習に行こうかと考えるが、表は真夏の暑さなのでやめる。

 ならば、愛犬の散歩をしようと思い立ち、連れ出そうとするが、やはり暑さにめげているらしく気乗りしない顔で拒む。とにかく異常気象だ。近年とくにそうで、これがあたりまえになってきている。地球自体に異変が起きているのかもしれない。

 仕事を中断し、ゴル練も愛犬散歩もあきらめ、おもむろに宮本武蔵の「五輪書」(岩波文庫)を書架から引っ張り出す。あちこちに傍線や星印がつけてある。もう一度読もうかとページを開く。時代小説ばかり書いているが、この辺の資料にはときどき目を通すべきだと思う。

6月×日 もう夏の暑さ。梅雨はどこへ行った? 

 ゴルフをしに出かける。楽しいラウンド後のビールがうまい。しかし、原稿は進んでいない。

 明日は朝から気を引き締めてと思い、早く就寝するも眠れず、読みかけの「五輪書」を開く。この本はページ数にすると170枚ほどだ。薄い文庫であるが、読解するのに手間も暇もかかる。しかし、面白い。武蔵にますます興味を持つ。

6月×日 原稿が進みはじめた。一気呵成とまではいかないが、いいペースだ。束の間の気分転換に近場にある書店をのぞきに行く。数冊の翻訳本を手にしてレジへ。

「こういうのも読むんですか?」

 わたしを知っている書店員が不思議そうな顔をする。

「何でも読むんだよ」

 と、答える。早速読みはじめたのは、マーク・サリヴァン著「緋い空の下で」(霜月桂訳 扶桑社 上・下各980円)。退屈な山岳小説かと思わせるほどの出だしで、これは帯に騙されたかと思いつつも、物語が進むにつれ、引き込まれていく。

 イタリア人の主人公は、パルチザンのスパイとしてナチス権力者の運転手になり、想像を超える現実に直面していく。なんとナチスは同盟国であるイタリアにおいて、略奪や残虐非道な行いを繰り返していたのだ。そして、主人公にも危機が迫ってくる。

 この小説はノンフィクション性の強いもので、隠されていた歴史を浮き彫りにさせるだけの力がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る

人気キーワード