「旧友再会」重松清著

公開日: 更新日:

 駅の北口で青田さんのタクシーに乗った男は、運転手の自己紹介カードを見て「あおちゃんだろ」と言った。小学校と中学校で同級だった川村さんだった。38年ぶりだ。「ガキの頃、けっこう仲良かったよな」というが、青田さんは川村さんが苦手だった。母親が入所している特別養護老人ホームまで乗せた後、帰りも川村さんの実家まで送ることに。

 夜、警察から行方不明の老人の捜索の協力依頼があった。川村さんの父親だった。「親父にもおふくろにも、長生きしてほしいなんて思っていないんだよ」とつぶやいていたのだが。青田さんは無線で全車両に、川村さんの実家付近に向かうよう命じた。(表題作)

 会いたくない人や忘れていた人との再会を描く5つの短編。

 (講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る