「どんまい」重松清著

公開日: 更新日:

 三上洋子40歳、夫の浮気が原因で離婚したばかり。心機一転、再出発しようと思っていたところ、地元の草野球チーム、ちぐさ台カープがメンバーを募集しているのを知る。しかも「年齢・性別ともに不問」。洋子は小学生のころ、野球が得意で、中学でも続けたかったが女子の枠はなく悔しい思いをした。今度こそと、思い切って応募すると、ひょんなことから付き添いで行っていた中2の娘、香織も一緒にチームに参加することに。

 入ったチームは極めてユニーク。広島カープを愛してやまない正体不明のカントク、元甲子園球児で体格はいいが気弱なショーダイ、中高6年間バントしかやらせてもらえず今はフルスイングで三振の山を築くウズマキ、野球がうまいのをねたまれ先輩からいじめを受けた沢松、元ヤンキーで亡き母をしのんで験担ぎのカレーを食べ続ける伊沢……。

 それぞれの人生を背負いながら懸命に野球に打ち込む姿は、離婚という危機を迎えた洋子と香織に大きな勇気を与える。ヒューマンな野球小説。

 (講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る

人気キーワード