「どんまい」重松清著

公開日:

 三上洋子40歳、夫の浮気が原因で離婚したばかり。心機一転、再出発しようと思っていたところ、地元の草野球チーム、ちぐさ台カープがメンバーを募集しているのを知る。しかも「年齢・性別ともに不問」。洋子は小学生のころ、野球が得意で、中学でも続けたかったが女子の枠はなく悔しい思いをした。今度こそと、思い切って応募すると、ひょんなことから付き添いで行っていた中2の娘、香織も一緒にチームに参加することに。

 入ったチームは極めてユニーク。広島カープを愛してやまない正体不明のカントク、元甲子園球児で体格はいいが気弱なショーダイ、中高6年間バントしかやらせてもらえず今はフルスイングで三振の山を築くウズマキ、野球がうまいのをねたまれ先輩からいじめを受けた沢松、元ヤンキーで亡き母をしのんで験担ぎのカレーを食べ続ける伊沢……。

 それぞれの人生を背負いながら懸命に野球に打ち込む姿は、離婚という危機を迎えた洋子と香織に大きな勇気を与える。ヒューマンな野球小説。

 (講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る