「ことば事始め」池内紀著

公開日: 更新日:

「うるさい」を三省堂の「新明解国語辞典」で引いてみた。「〇一いつまでも・(断続的に)耳や身につきまとうため、不快でたまらない感じだ。〇二自分にとってはどうでもいい事をわずらわしいまでに、強制(固執)したり必要以上に厳しかったりするので、出来るなら相手から逃避したい気持だ」とある。

 同じ「うるさい」でも対応は別で、〇二ならさっさと逃げ出すに限る。適当に受け流して、「急ぎの用」を思い出せばいい。 〇一が犬の吠え声だった場合、耳をすまして「犬が何を主張したがっているのか」を推察する。おねだり、不満、甘えなどで微妙に声調が異なる。

 他に、同じアメ玉でも「なめる」と「しゃぶる」の違いなど、どうということのない言葉の微妙なニュアンスを表現した、含蓄のあるエッセー。

(亜紀書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

もっと見る