「ことば事始め」池内紀著

公開日: 更新日:

「うるさい」を三省堂の「新明解国語辞典」で引いてみた。「〇一いつまでも・(断続的に)耳や身につきまとうため、不快でたまらない感じだ。〇二自分にとってはどうでもいい事をわずらわしいまでに、強制(固執)したり必要以上に厳しかったりするので、出来るなら相手から逃避したい気持だ」とある。

 同じ「うるさい」でも対応は別で、〇二ならさっさと逃げ出すに限る。適当に受け流して、「急ぎの用」を思い出せばいい。 〇一が犬の吠え声だった場合、耳をすまして「犬が何を主張したがっているのか」を推察する。おねだり、不満、甘えなどで微妙に声調が異なる。

 他に、同じアメ玉でも「なめる」と「しゃぶる」の違いなど、どうということのない言葉の微妙なニュアンスを表現した、含蓄のあるエッセー。

(亜紀書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る