「衰退産業でも稼げます」藻谷ゆかり著

公開日: 更新日:

 110年以上続く酒販売店「原商店」(長野県上田市)は、近年赤字続き。そんな家業を継いだ次男夫婦が最初に目を付けたのが先々代の頃から製造販売していた天然醸造の味噌だった。

 ほとんどPRしないでいたが、店頭で積極的に量り売りを始めると評判になった。また、味噌仕込みのときに祖母がつくる「まかない甘酒」に着想を得、ペットボトル詰めでの無添加甘酒を始めたところ、大ヒット。これらの「お宝」に気づいたのは他家から来た嫁の有紀さんで、客観的に価値を見いだす「ビギナーズマインド」が功を奏したのだった。

 スモールビジネスを研究する著者が、「商店・旅館・農業・伝統産業」など衰退産業における再生のための3つのキーワードから、16の成功事例を紹介する。

 (新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード