「衰退産業でも稼げます」藻谷ゆかり著

公開日: 更新日:

 110年以上続く酒販売店「原商店」(長野県上田市)は、近年赤字続き。そんな家業を継いだ次男夫婦が最初に目を付けたのが先々代の頃から製造販売していた天然醸造の味噌だった。

 ほとんどPRしないでいたが、店頭で積極的に量り売りを始めると評判になった。また、味噌仕込みのときに祖母がつくる「まかない甘酒」に着想を得、ペットボトル詰めでの無添加甘酒を始めたところ、大ヒット。これらの「お宝」に気づいたのは他家から来た嫁の有紀さんで、客観的に価値を見いだす「ビギナーズマインド」が功を奏したのだった。

 スモールビジネスを研究する著者が、「商店・旅館・農業・伝統産業」など衰退産業における再生のための3つのキーワードから、16の成功事例を紹介する。

 (新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る