• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地方の時代は本当に来るのか

「福井モデル」藤吉雅春著

■「地方の時代」というお題目が輝きを失って久しい。だが、ここに来ての再・地方ブーム。果たしてそれは本物か。

 共働き率と合計特殊出生率(15~49歳の女性の年齢別出生率を合計したもの)で全国平均を上回る北陸3県。いずれも幸福度・世帯収入ともに高い。

 たとえばメガネの生産で世界に名を馳せた福井県鯖江市。本書によれば地元の人々は「日本でもっとも早く中国にやられた町です」と笑うという。格安メガネの大量流入に押しまくられたのだ。しかし鯖江は危機を逆手にとり、売れ行きデータを綿密に収集して逆に格安業者では手の出ない高品質化にかじを切った。これが功を奏し、鯖江は「最先端のデータシティー」に変貌を遂げたのだ。

 地盤沈下しない地方都市には歴史的に裏づけられた「強い教育力」と、古くからの近隣共同体が保持する平等な「協働システム」がある。これが富の一極集中で覇権を誇る東京にはない地方ならではの強さの源泉となるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る