「八本目の槍」今村翔吾著

公開日: 更新日:

 秀吉が柴田勝家を破った天正11年の賤ケ岳の戦いで武勲を上げた「賤ケ岳七本槍」の一人、加藤虎之助(清正)。肥後半国19万5000石の大名となったが、所領が大坂から遠いのが不満だった。出世の道が断たれたと感じたのだ。

 これを進言したのが佐吉(石田三成)だと知って恨んでいたのだが、秀吉が唐入りを考えていると聞いて、まだ戦で手柄を立てる機会はあると望みをつないでいた。ところが唐入りの支度に追われていたとき、佐吉が夜半に訪ねてきた。そしてこう言った「単刀直入に申す。戦に負けてくれ」。(「一本槍」)

「七本槍」と呼ばれた武将のそれぞれの生き方と、八本目の槍、石田三成の本当の姿に迫る7編の連作小説。

(新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る

人気キーワード