「八本目の槍」今村翔吾著

公開日: 更新日:

 秀吉が柴田勝家を破った天正11年の賤ケ岳の戦いで武勲を上げた「賤ケ岳七本槍」の一人、加藤虎之助(清正)。肥後半国19万5000石の大名となったが、所領が大坂から遠いのが不満だった。出世の道が断たれたと感じたのだ。

 これを進言したのが佐吉(石田三成)だと知って恨んでいたのだが、秀吉が唐入りを考えていると聞いて、まだ戦で手柄を立てる機会はあると望みをつないでいた。ところが唐入りの支度に追われていたとき、佐吉が夜半に訪ねてきた。そしてこう言った「単刀直入に申す。戦に負けてくれ」。(「一本槍」)

「七本槍」と呼ばれた武将のそれぞれの生き方と、八本目の槍、石田三成の本当の姿に迫る7編の連作小説。

(新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る